「荒木経惟写真集展 アラーキー」オープニング対談
オープニング対談
荒木経惟 × 倉石信乃(批評家)「なぜ写真集か?」
3 月11 日( 日) 14:30—16:00

会場:クレマチスの丘ホール(美術館より徒歩2 分)
受付:クレマチスの丘チケットセンター(当日10:00 より)
料金:展覧会入場料に含まれます。(当日観覧券が必要です。)
定員:150 名
参加方法:お電話にてお申し込みください。(Tel. 055-989-8780)
倉石信乃( くらいし・しの)
1963 年長野県生まれ。詩人、批評家。多摩美術大学芸術学科卒業。
1988~2007 年横浜美術館学芸員として、「マン・レイ展」「ロバート・フランク展」「菅木志雄展」「中平卓馬展」などを担当。著書に『ヌード写真の展開』[ 論文「日付のあるヌード—荒木経惟について」収録]( 共著、有隣堂)、『反写真論』( オシリス)、『スナップショット—写真の輝き』[日本写真協会賞学芸賞受賞](大修館書店)など。現在、明治大学大学院准教授。