シンポジウム開催
〈米国学芸員招へいプログラム〉 「1960–70年代の写真を中心に」
主催:国際交流基金/IZU PHOTO MUSEUM
2013年1月30日(水)、31日(木)
会場:クレマチスの丘ホール (IZU PHOTO MUSEUM 隣接、特別会場)
聴講無料(お電話でお申し込みください:各回定員150名)※同時通訳付き
1960年代後半から70年代にかけて、写真というメディアにおいて世界同時的に多彩な実験が行なわれました。それまでにはなかったような写真の使用、写真以外の美術の領域から写真への接近、さらには美術と写真が協同するなどの試みが展開されていきました。近年、この時代の写真の実験に対する歴史的な関心が高まっています。
今回のシンポジウムでは、米国から写真の専門家をお招きし、日本の著名な写真家、評論家、キュレーターと共にこの時代の写真作品や動向を紹介しつつ、欧米の動向も含めて幅広くディスカッションを行ないます。シンポジウムは「風景/状況」、「スナップショットというイデオロギー」、「ポストモダニズム:引用と再解釈」の3部構成からなり、2日間にわたって実施されます。

セッション 1 「風景/状況」 1月30日(水) 14:00–17:00

柴田敏雄 写真家
畠山直哉 写真家
Joan Kee University of Michigan
Amanda Maddox The J. Paul Getty Museum
Yasufumi Nakamori The Museum of Fine Arts, Houston
Britt Salvesen  Los Angeles County Museum of Art


セッション 2 「スナップショットというイデオロギー」 1月31日(木) 10:30–12:30

高梨 豊 写真家
甲斐義明 日本学術振興会特別研究員
David Little Minneapolis Institute of Arts


セッション 3 「ポストモダニズム:引用と再解釈」 1月31日(木) 14:00–18:00

石内 都 写真家
光田由里 美術評論家
Jennifer Blessing Solomon R. Guggenheim Museum
Michael Darling Museum of Contemporary Art Chicago
Eva Respini The Museum of Modern Art
Matthew Witkovsky The Art Institute of Chicago
小原真史 IZU PHOTO MUSEUM

お申し込み/お問い合わせ:055-989-8780 (クレマチスの丘コミュニケーションセンター)