建築について

展示室
美術館 前庭
Photo © Hiroshi Sugimoto
施設構成 展示室、ミュージアムショップ、外部併設:坪庭2カ所
展示室数 3室
階数 地上1階
面積 延床面積:499m2(151坪)
展示室面積:計328m2(99坪)
工期 2008年10月~2009年10月
設計 新素材研究所(杉本博司+榊田倫之)
所在地 静岡県長泉町東野クレマチスの丘347-1
〒411-0931
TEL 055-989-8780 FAX 055-989-8783
−(略)私は自然石の平積みによる石垣を作ろうと思っていたのだが、大きな石を並べ替えるうちにその姿は次第に古墳の石室のような姿になっていった。組み上げてみるとちょうど人一人が横たわるのに充分な広さだ。そして床石、天井石、壁石と、殆ど人の手を加えずに、石と石とはお互いを支えあって、まるで今発掘されたばかりの古墳の石室のような姿で自ずから現れてきた。私はこの現場を私が指図しているのか、それとも石によって私が指図されているのか、判断がつかなかった。この場所はちょうど富士山の裾野部分に位置している。私はこの土地にいつ頃から人が住み始めたのかを調べてみることにした。すると近辺には縄文時代の遺跡をはじめとして、古墳時代の古墳が散在していることが判明した。多くは農地開発で取り壊されてしまったが記録のあるものもある。そのうちの一つ、原分古墳は神社の境内にあった為に保全されていた。おそらく古墳を神の依代として土地の人々が崇め、やがてその地に神社が建てられたのであろう。私は現場から数キロしか離れていないこの古墳を訪ねてみた。そして私が試みようとしている、もしかして完成の暁には現代美術と呼ばれてしまうかもしれない私の石組みが、すでにお手本としてそこにあることを知って、不思議な思いに捕われた。(略)—
「作庭記」『杉本博司 光の自然』より